東京都で開催する初心者向けのJavaScriptとjQueryを使ってホームページ制作の1日集中セミナーです。 JavaScript・jQueryの入門講座なら、神田ITスクール!

6.2 if文を使ってみよう

if文を使ってみよう

6.2 if文を使ってみよう

 条件分岐で一番基本的なパターンとなるのが、if(イフ)文です。これは英語の「if」という単語の意味の通り、「もし○○○ならば、×××する」という条件分岐を作る制御文です。if文は条件に応じて様々な流れを作ることができますが、この節では、最も単純なパターンについて解説していきます。

6.2.1 if文の基本構文

 if文の基本構文は下記のようになります。

書式:if基本構文

 この場合は、もし条件式が合っていたら(条件を満たしたら)、if文内の処理を行う、ということになります。

◉ポイント

・ 条件式を判定した結果は、必ずtrueかfalseのどちらかになる。

 プログラムの流れを図にしたものをフローチャートと呼びます。if基本構文の流れを表したフローチャートが図 6.2.1です。

図 6.2.1 : if基本構文のフローチャート

◉ポイント

・ ある条件が成立する時だけ処理を実行する場合、if文を使用します。

6.2.2 関係(比較)演算子とは

 条件式を書くためには、関係演算子(比較演算子ともいう)の知識が必要になります。
 関係演算子とは、式の左辺と右辺の関係を表す演算子です。
 例えば算数では、「1 + 2 = 3」のような式が成立しますが、これは「1+2」と「3」が同じであることを関係演算子「=」で表しているとも言えます。
 JavaScriptの世界では、下の表 6.2.1にある関係演算子を使うことが決まっています。

関係演算子 使用例 意味
== a==b aとbは等ければtrue、それ以外はfalse
!= a!=b aとbは等しくなければtrue、それ以外はfalse
> a>b aがbより大きいならtrue、それ以外はfalse
< a<b aがbより小さいならtrue、それ以外はfalse
>= a>=b aがb以上ならtrue、それ以外はfalse
<= a<=b aがb以下ならtrue、それ以外はfalse

表 6.2.1 : 関係演算子

 前節のif文の条件式に、この関係演算子を当てはめてみましょう。

 この場合は、もしaとbが等しければ(a==bがtrueならば)、処理を行うということになります。
 フローチャートで表すと図 6.2.2のようになります。

図 6.2.2 : if基本構文と関係演算子のフローチャート

6.2.3 if文の条件式が成立するプログラム

 関係演算子「= =」を使った条件式が成立し、メッセージが表示されることを確認します。

①ソースフォルダ   :javascript/ch06
②ファイル名     :if_statement1.html

➢ If_statement1.html

<html>
	<head>
		<title> if文の条件式が成立するプログラム</title>
	</head>
	<body>
		<h1> if文の条件式が成立するプログラム</h1>
		<script type="text/javascript">

			// 比較用の値を管理する変数の宣言と初期化
			var a = 5;
			var b = 5;

			document.write("-- if文開始 --<br>");

			if(a == b){
				document.write ("変数aと変数bは等しい。<br>");
			}

			document.write ("-- if文終了 --");

		</script>
	</body>
</html>

実行結果

解説

 10、11行目では変数aとbを宣言し、それぞれの変数に同じ値5を代入しています。

   10: var a = 5;
   11: var b = 5;

 15~17行目までがif文です。if文の「{」と「}」で囲まれた範囲は、「ifブロック」という呼び方をします。ifブロック内がインデントされていることを確認して下さい。このように、ブロック内の処理に対してインデントが行われていると、そこに記述されている処理が一目でわかりやすくなります。
 ブロック内をインデントすることは、JavaScriptのコーディングの慣例です。

   15: if (a == b) {
   16:   document.write ("変数aと変数bは等しい。<br>");
   17: }

 15行目に記述された条件式「a == b」はa=5、b=5と、両方の値が同じなので、条件が満たされます。そのためifブロック内である16行目が実行され、「変数aと変数bは等しい」と表示されます。

図 6.2.3 : if_statement1.htmlのフローチャート

6.2.4 if文の条件式が成立しないプログラム

 次に、条件が満たされない場合(false)を見ていきましょう。
 関係演算子「= =」を使った条件式が成立せず、メッセージが出力されないことを確認します。

①ソースフォルダ    :javascript/ch06
②ファイル名      :if_statement2.html

➢ if_statement2.html

<html>
	<head>
		<title>if文の条件式が成立しないプログラム</title>
	</head>
	<body>
		<h1>if文の条件式が成立しないプログラム</h1>
		<script type="text/javascript">

			// 比較用の値を管理する変数の宣言と初期化
			var a = 4;
			var b = 5;

			document.write("-- if文開始 --<br>");

			if(a == b){
				document.write("変数aと変数bは等しい。<br>");
			}

			document.write("-- if文終了 --");

		</script>
	</body>
</html>

実行結果

解説

 10、11行目で、変数aを宣言し、4を代入します。11行目では、変数bを宣言し、5を代入します。

   10: var a = 4;
   11: var b = 5;

 15行目では、「4 == 5」という条件は成立しないので、ifブロック内の16行目は実行されません。

   15: if (a == b) {
   16:   document.write("変数aと変数bは等しい。");
   17: }

 このサンプルプログラムのフローチャートを図 6.2.4に示します。

図 6.2.4 : if_statement2.htmlのフローチャート

6.2.5 !=演算子を用いた条件式が成立するプログラム

 関係演算子「! =」を使った条件式が成立し、メッセージが出力されることを確認します。

①ソースフォルダ   :javascript/ch06
②ファイル名     :if_statement3.html

➢ if_statement3.html

<html>
	<head>
		<title>6.2.5 !=演算子を用いた条件式が成立するプログラム</title>
	</head>
	<body>
		<h1>6.2.5 !=演算子を用いた条件式が成立するプログラム</h1>
		<script type="text/javascript">

			// 比較用の値を管理する変数の宣言と初期化
			var a = 2;
			var b = 5;

			document.write("-- if文開始 --<br>");

			if(a != b){
				document.write("変数aと変数bは等しくない。<br>");
			}

			document.write("-- if文終了 --");

		</script>
	</body>
</html>

実行結果

解説

 前項のプログラムif_statement2.htmlと比べると、15行目の条件式の記述が変更されています。関係演算子「!=」は、左辺と右辺が等しくない場合にtrueとなります。
 変数aには2、変数bには5が代入されています。aとbを比較すると等しくないので、この条件式はtrueとなります。

   15: if (a != b) {
   16:   document.write("変数aと変数bは等しくない。<br>");
   17: }

 このサンプルプログラムのフローチャートを図 6.2.5に示します。

図 6.2.5 : if_statement3.htmlのフローチャート

エスケープシークエンスとは

 ダブルクォーテーション( ” )を表示させたいときは、頭に半角の「 \ 」をつけます。また、そのほかに「 \ 」や「 ‘ 」などを表示させたい場合も、同じように頭に「\」を付けます。このように通常には表現できない特殊文字を、前に「¥」をつけることによって表したものを「エスケープシーケンス」と言います。
 表 6.2.2は、エスケープシークエンスの一部を表にまとめたものです。

表示させる文字 記述
\または\ \\
‘(シングルクォーテーション) \’
“(ダブルクォーテーション) \”
タブ文字 \t

表 6.2.2 : 主なエスケープシークエンス一覧

NEXT>> 6.3 if-else文を使ってみよう

ご不明点はお問い合わせフォームからご連絡ください。

セミナー一覧

法人向けプログラミング研修

Java、PHPの社員研修|新人研修

chromeデベロッパーツール

他のJavaScript講座・スクールのご紹介

ホームページ制作・保守

ホームページ制作・保守

HTML&CSSセミナーも人気!

HTML&CSSセミナーも人気!

まずはHTMLとCSSの知識が必要な方は、こちらのセミナーがおすすめです。
HTML&CSSセミナーはこちら

当JavaScript講座を受講前に受講するHTML講座

ホームページ制作・保守

ホームページ制作・保守

セミナー講師

セミナー講師

主席インストラクター
早稲田大学大学院 理工学部卒業
SanJose 州立大学、コンピューター工学部卒業
アメリカのシリコンバレーでは、プログラマー・SEとして活躍
講師の詳細はこちら

PAGETOP
Copyright © 株式会社FusionOne 神田ITスクール All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.